家賃無料で食費までもらえる!?夢のようなベーシックインカムハウスが誕生

ベーシックインカムという言葉をご存知でしょうか?

ベーシックインカムとは、無条件で国民に毎月一定額のお金を支払う制度のことです。

最低生活保障、国民配当とも呼ばれたりします。

スポンサーリンク

ベーシックインカムを正式に導入した国はありませんが、フィンランドでは貧困層向けにベーシックインカムを導入する社会実験を計画するなど、世界的に注目度が高まっている制度です。
 

そんな中、ベーシックインカムを導入したシェアハウスの入居者が日本で募集されており、話題になっています。
 

話題のベーシックインカムハウスの内容とは!?

そのアパートで導入されているベーシックインカムの内容は以下の通りです。
 

<ベーシックインカムの内容>

  • 家賃無料
  • 入居者1人につき月額¥15,000食費支給
  • 乗用車1台使い放題(シェア)
  • 水道光熱費無料
  • 固定電話無料(1台)
  • ネット無料

 

家賃だけでなく水道光熱費やネットまで無料で、毎月15,000円の食費までもらえます。
 

夢のような条件ですね!

これなら節約すれば必要最低限の生活になりますが生きていくことはできそうです。

ベーシックインカムハウスの詳細はこちら
 

誰でも入居できるというわけではなく、「変わった特技や集中して取り組みたい何かを持ってる」「最低限の礼節や常識をわきまえている」という入居条件があります。

応募者が殺到しそうなので、1つ目の条件のところでふるいにかけられそうですね。
 

ベーシックインカムハウスに対する反響が続々と!

このベーシックインカムハウスが発表されたのが2018年2月4日、その後ツイッターでは反響が集まっています。

https://twitter.com/IiIiIiIllIlIi/status/964173711845703686
 

入居希望者も続々と!

実際にベーシックインカムハウスに応募した人も出ています。

ベーシックインカムハウス入居者募集にDMしてみた結果

ベーシックインカムハウスに応募したという話
 

入居者も決まりました!

2月4日に募集が始まったベーシックインカムハウスですが、募集が殺到したのか、2月26日には入居者が発表されています。

BIハウス 選考結果発表

料理研究家や女性起業家、アクセサリークリエイターなどキャラが濃そうなメンバーが集まっています。
 

そもそもなんでこんなこと始めたの?

今回話題になったベーシックインカムハウスですが、行政でも企業でもなく、一人の個人が企画したというのが驚きです。

こんなことを始めて何のメリットがあるんだろうと思ってしまいますが、ベーシックインカムハウスが生まれた経緯については以下のまとめが分かりやすいです。

ベーシックインカムハウスができるまで。
 

ベーシックインカムハウスの始まりはこんな発想からきたようです。


 

オーナーのカイリュー木村氏曰く「慈善事業でも収益事業でもなく趣味です」とのこと。


 

ベーシックインカムハウスから利益を出そうとか考えているわけでもなく、「そこに何らかの価値が生まれたら嬉しいし、生まれなくても嬉しい」みたいです。


 

とても面白い試みですね!

これからこのベーシックインカムハウスからどんな価値が生まれてくるのか、とても楽しみです。

ベーシックインカムハウスのオーナー:@カイリュー木村氏

プロデューサー:えらいてんちょー

この記事が気に入ったら
カリノバにいいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です